実は知らないイタリアのグルメ

実は知らなかったイタリア料理のグルメに、チャレンジしてみて

料理は素材の味を重視地域ごとに独特の農畜産物、魚介類があるこの国では、食材が豊富です。
それらの本来の味を生かしつつ料理に仕立て上げていくことが多いため、素朴な料理が多いと言われています。
見た目で有名な食文化を持つフランスなどと比べると一目瞭然です。
しかしそれは少し前までの話で、近年では料理の技術や器具の発達と、各国の食文化との出会いと融合の結果、見た目や味付けにも変化が起きてきています。
マナー日本でよく挙げられる例は「パスタをすすらない」ですよね。
パスタはフォークが無かったころには手でつかんで、頭上にかざして下から食べるといった食べ方で、それを下品に感じた貴族が、からみやすいように先が4本のフォークを作らせたという逸話が残っています。
なので「パスタはフォークで絡めてたべる」のがマナーです。
一口で食べきれるように、フォークの刺し具合を調節して、多く取れすぎないようにするのがコツです。
果物やパンにかぶりついて食べることもマナー違反で、大きな塊やパンなどはちぎったりナイフで切り分けたりなどして、食べやすい大きさにしたものを食べます。
日本におけるイタリア料理全国的に親しまれるようになるのは、ピザやパスタが日本人好みだったからと言われていますが、日本人のほとんどはそれ以外はあまり知らないといった状況です。
料理店に行ってもほとんどがピザとパスタをメインにした店ばかりですので、それ以外の食文化や、パンを主食にするといった部分が隠れてしまっているのが大きな原因です。
地中海の料理と聞くとスペイン料理が先にイメージされてしまったり、チーズ料理と聞くとスイスやフランスがイメージされてしまったりと、多様な文化が発達し他国の食文化も受け入れた結果、世界に発信するにはインパクトの弱くなってしまった部分があるのかもしれません。
近頃では「本格派」や「現地の方の店」など、今まで注目されてなかった側面をアピールする店も増えてきました。
実は知らなかったイタリア料理のグルメに、チャレンジしてみてはいかがですか?

地方の気候や取れる作物に合わせて独自の文化が各地で発展した南部地域は「トマト」や「オリーブ」を多用した料理が多い実は知らなかったイタリア料理のグルメに、チャレンジしてみて